Hot Artist

2018.06.11

長谷川浩二

長谷川

兄の影響を受け、小学4年生の頃よりドラムのプレイを始める。高校在学中にアン・ミュージック・スクールに入学し、石川晶に師事する。

1983年10月14日、18歳の時にTHE ALFEE(当時ALFEE)のサポートドラマーオーディションに合格。同年12月17日のOVER DRIVEツアー渋谷公会堂公演より専属ツアーサポートメンバーとして参加する。 レコーディングの参加は1984年のアルバム「THE RENAISSANCE」収録の「鋼鉄の巨人」より。以降、ヘヴィメタルプログレからフォーク、ブラシを使ったジャズプレイまで、THE ALFEEの幅広いサウンドに欠かせない存在としてほぼ全てのツアー、レコーディングに参加する一方、自身のプロジェクトや数多くのセッションに参加した。 2005年のStarting Overツアーファイナル大阪城ホール公演をもってTHE ALFEEでの活動を終了。吉田太郎にドラマーの座を譲った。その後はCube-rayを経て、T.M.Revolutionabingdon boys school筋肉少女帯等のサポートで精力的に活動を続けている。

2010年、高見沢俊彦のソロアルバム「Fantasia」のレコーディングに参加。離脱以来、初のALFEE関連のセッションとなった。

2014年8月1日放送の僕らの音楽において、離脱以来初めてALFEEとの共演を果たした。

サイト内検索

スポンサードリンク

  1. ホーム
  2. Hot Artist
  3. 長谷川浩二
ページの先頭へ