Check
Hot Artists

SHOCK-ONに出演している注目のアーティストをご紹介!

<< 前へ    1 | 2 | 3 | 4 | 5    次へ >>
フィンガー5 晃

フィンガー5 晃

詳細

国民的アイドル、フィンガー5
"T.AKIRA"

 

Psalm(サーム)

Psalm(サーム)

詳細

泣きたい時、聴きたい歌、Psalm。
早稲田大学アカペラサークル出身のリーダーを中心に、集められた男性5人で編成されている、
Psalm(サーム)。
ピアノと5人のボーカルで、シンプルな形で、柔らかい音の中「伝わる音」「届く歌」を目標に活動して
います。
東京のライブハウスを中心に活動をしていますが、多くの人との出会いを求めて、フリーライブ、ストートでも、歌っています

 Psalm http://www.psalm-web.com

RYOEI

RYOEI

詳細

沖縄県石垣市出身のシンガーソングライター。

父の影響でギターを手にし、オリジナル曲を作り始める。
高校卒業後、大阪に移りストリートで歌手活動。2008年に上京。
主な作品は、シングル『我が敵は我にあり』『ひらり』、
アルバム『ブーゲンビリア』など。
フジテレビ『クイズヘキサゴンⅡ』やTBS『紳助社長のプロディース大作戦』など
バラエティ番組でも活躍する。

“BASS-NINJA”今沢カゲロウ

“BASS-NINJA”今沢カゲロウ

詳細

世界各地をベース1本で渡り歩く、エレクトリックベーシストであり、作曲家。
特殊6弦エレクトリックベースを駆使し、
ベースの限界を打ち破る極限のテクニック、
奇術的なスキルのエフェクトさばきが欧米各国で注目され、
“BASSNINJA”の異名をとる。

SUITE VOICE

SUITE VOICE

詳細

女性4人による実力派ボーカル・エンターテイメント・グループ
『SUITE VOICE』がSHOCK-ONに出演!!

リスペクトして止まないマンハッタン・トランスファーの
流れを継ぐ見事なハーモニーワークは、
女性コーラスらしい華やかさを持ち合わせ、
癒し系にもダンサブルにも自由に女声4声を操っている。
マンハッタン・トランスファーのレパートリーは勿論、
ポップスからオリジナルまで、
圧倒的なエンターテイメント性溢れるステージパフォーマンスを展開。
ペニンシュラ東京のオープニング・ガラを始め、
大人世代ばかりでなく幅広い層の支持を受けている。

美元 智衣

美元 智衣

詳細

大手レコードレーベルよりデビューしながらも一度歌う事をやめ、
ただ生きて行くためだけにがむしゃらに働き続けていた。
そんな生活を送る中でも、
”歌う事が大好きで、伝えたい事がちゃんとある”
と気が付いた彼女は2006年、活動を再開。
音楽と仕事を続けて行く中で、たくさんの人と出会い、
そして再デビューへとつながりを生むことになった。

湯川トーベン

湯川トーベン

詳細

東京都出身のロックベーシスト。
「神無月」「子供ばんど」を経て現在は
遠藤賢司バンド(エンケンバンド)・フォークロックス・TRIPLE DIAMONDなどに参加。
他にもソロ活動やスタジオ・ミュージシャンとして
国内アーティストのレコーディングにも参加し、
またライブのサポートなど多方面で活躍している。

プロフィール
http://tohben-ld-hp.web.infoseek.co.jp/profile/index.html

ヤスミン

ヤスミン

詳細

Profile

幼少期より姉に影響され、歌手になる事を決意。 

北海道より上京後、ゴスペルグループでの活動や 各アーティストの

コーラスワークをこなす傍ら、 ブルース界の巨匠、近藤房之助氏と出会う。

 近藤氏より、ヤスミンのコンポーザーである、故・岩瀬理氏を紹介され、

「ヤスミン」を結成。

 2005年7月23日、1stアルバム「poo poo pi doo」でデビュー。 

現在までに5枚のアルバムを発表。2011年9月に配信リリースされた 

「泣いてシャイニー」からは作詞を手がける。

iTunes Storeブルースチャートでは、 10作連続初登場1位記録を更新中。

聞くものを虜にする美しい歌声と 独特のキャラクターが醸し出すライブパフォーマンスにも

注目が集まっている。

 

伊藤祥平

伊藤祥平

詳細

1970~90年代のブラックミュージックをルーツとし、3フィンガー・タッピング・ボディーヒットなどを織り混ぜた独特なギターテクニックと、熱くソウルフルな歌声を持つシンガーソングライター。
 

澤田 かおり

澤田 かおり

詳細

アーティストへの楽曲提供・参加(AI、中孝介など)、

数々のレコーディング(テレビCMなど)に参加。

 都内を中心に本格的に活動中。

Y Connection(ワイ コネクション

Y Connection(ワイ コネクション

詳細

 綾戸智絵のツアーサポートや様々なアーティストの

ライブ、レコーディングに参加。
ワールド・ミュージックの旗手として
独自のサウンド・ワークを見せるブルース・ハープ奏者、
今出 宏(hrm.vo)
http://imadehiroshi.com/
 
艶やか且つソウルフルな歌声と表現力で、
ドリカムの全国ツアーでオープニングアクトを務め、
様々なアーティストのバッキングヴォーカル、ギターで参加している
中澤信栄(GATS)
http://www.dctgarden.com/nakazawanobuyoshi/
 
スガシカオのバンドマスターや
様々なアーティストとのコラボレーションを重ね
ジャンルを超えた活躍で注目を浴び続けている
ベーシスト坂本竜太
http://be-brothers.com/lewta/index.html
第一線で活躍する3人を軸に、2002に横浜で結成した
本格派のダンスバンド。
横浜を中心にライブ活動を広げている。
ソウルクラッシクのカバーを中心に懐かしの70s,80s,の
ソウル、ディスコ、ファンクナンバーで
オーディエンスを魅了し続けている。
レパートリーは、
アースウィンドアンドファイヤー、クールアンドギャング、
カーティスメイフィールド、マービンゲイ、サムアンドデイブ、
ボーイズトゥーメン、スティービーワンダー等
その他、懐かしの名曲の数々を凄腕ミュージシャン達が
クールなアレンジでお届けします。
渡辺ファイヤー

渡辺ファイヤー

詳細

 渡辺ファイアー

 
1963.8.6東京生まれ。
17歳でAlto Saxの音色に魅せられ、大学時代からBAND活動を行い、
池田聡のTOUR参加を機にプロ活動を開始。
E-Zee Band,CHAKA,バブルガムブラザーズのTOURとRecording等に参加し、
1996年にはフジTVの深夜番組「ラテン専科」にレギュラー出演。
Sax.のベルから火を放つなど傍若無人ぶりを発揮する。
1999年には大木トオル30周年ツアーに参加し、Ben.E.King、ELVIN BISHOPと共演。
FUNKを活動の中心とし、SOY SOUL,funk orchestra T.P.O.などのLive,Recordingに参加。

JAZZでは2006年より森山威男GROUPに参加。
『Central Park East』や『森山×山下』を録音。
また、自己のGROUPであるGOO PUNCH!やFire Attackの他、Leader Sessionも多数。
GOO PUNCH!では2004年『Goo Punch!』と2009年『2nd』、2014年『3rd』を発表。
また2004年から継続しているFire sessionでも2011年にアルバム発表。
そして2013年からは新たにFire Attackを始動。2015年には1st Album発表予定。

J-POP スタジオワークとしては、ゴスペラーズ、B'z、スキマスイッチ、
m-flo、鈴木雅之、島谷ひとみ、他多数。
 
http://www.bowz.net/fire/
HIKARI

HIKARI

詳細

 

作詞・作曲・アレンジ・プログラミング全てを手掛けるマルチアーティスト。

'99年9月にBMGファンハウスよりメジャーデビュー。

現在は楽曲提供・プロデュース等に手腕を発揮。

TOKIO・V6・関ジャニ∞・嵐から、梨花、E.L.T、浜崎あゆみなど幅広い。

Street Rats

Street Rats

詳細

「聴く側も弾く側も楽しく気持ちの良い音楽」
を信条とし、褒められると伸びるタイプの繊細かつシンプルな5人組。

=2008年3月、それぞれの思惑を胸に集ったバイト先=

それぞれがセッションミュージシャンとして多忙を極めていたが、
「自分達が本気で楽しむ“だけ”のバンドがあってもいいよね?」
「音と一緒に“楽しい”っていう気持ちを伝えたいね!」
という佐々木氏の一言に賛同、そしてバンド結成。

Rock、Jazz、Metal、Funk、Pops、Fusion...
オールジャンルプレイヤーであるメンバーから生まれる音楽は、まさに音のテーマパーク。

ライブでは音楽を主役とした熱い空間を会場全体が共有。
変幻自在な演奏スタイルに耳も目も心も満足すること請け合いです。

攻撃的なソロの応酬、極上のバラード、そして饒舌な悪徳マネージャー!

朝のピンチも夜のセンチも彼らの音に身を委ねればもう大丈夫!

 

2011年2月16日
1stアルバム『Fired』をリリース。
耳にも目にも楽しいアルバム『Fired』好評発売中です!
↓通販サイトはこちら♪↓
MROCKS9 Records
http://xc520.xbit.jp/a977/item_detail/itemId,9/
ウェブサイト
http://streetrats.chu.jp/

佐々木秀尚(gt)
http://hidehisa.syncl.jp/
竹花 一希(key)
http://1kk1.jp/
岩本 義雄(sax)
http://ameblo.jp/motch1017/
神林 亮太(bass)
http://ameblo.jp/kamirinbass/
黒田 慎一郎(drums)
http://www.myspace.com/shinichirokuroda

Yoshie.N

Yoshie.N

詳細

上田正樹氏が実力を認め、
そのツアーに参加、出演している実力派シンガー、
Yoshie.Nが出演!!

JAY'S GARDEN

JAY'S GARDEN

詳細

Member 世良太一・山田裕介・大谷篤志・naoki・櫻田範稔 

2008年結成の5人組グループJAY'S GARDEN。
彼らの創り出す音色は聴く人の心に安らぎと勇気を与えてくれる。
ピアノとギターを軸にしたサウンドに4ボーカルの声を足すと無限大の可能性を感じられる。
彼らは今、小さな街から始まった小さな音色をより多くの人々に届ける為、奏で続けている。
 

JULEPS

JULEPS

詳細

3人の男性ヴォーカリストと女性ピアニストによる4人グループ。
JULEPSのグループ名は「Mint julep」というさわやかな飲み口のカクテルに由来する。
「julep」の意味は「苦い薬を飲んだ後の甘い口直しの飲み物」。
3者3様の個性を持つ実力派ヴォーカルと、包み込むようなピアノタッチが織り成すハーモニーは、
時に力強く、時にやさしく聴く人の心を揺さぶる。
懐かしくも新しいその音楽性は老若男女問わず幅広い世代から支持を集めている。

藤タカシ

藤タカシ

詳細

「藤タカシ&ザ・スタイル」

M-BANDのVoである藤タカシが、2009年から
「パブロックツアー」と称し、
全国の小さい酒場から大きいホールまで、
どんな会場でもそこに藤タカシの歌声を聴きたい人がいるならば、
トランク片手に唄う旅「ロックンロールサーキット」を行っている。 
時には、M-BANDのメンバーと共に旅をし、
時には地元のバンドメンバーとコラボレーションしたりと、
メンバー構成は固定されていない。
そういった独自なスタイルこそ藤タカシ&ザ・スタイルの生き様である。

RICKY&THE MICHELLE

RICKY&THE MICHELLE

詳細

RICKYこと廣田龍人率いるビートルズ・トリビュートバンド
「REVOLVER」のメンバー3人が中心となって結成されたグループ。

2006年8月にイギリスはリバプールで演奏。
毎年行われているビートルズウィークに参加。
そのパーフォーマンスと実力が認められて、
海外でも通用する事が証明される。
 

Member:廣田 龍人(gt.vo)藤田 光則(ba.vo)竹原 真人(dr.vo)土屋 剛(key.vo)

間瀬 しずか

間瀬 しずか

詳細

2010年 所沢商工会議所青年部
若手ミュージシャン応援プロジェクト
第三弾アーティストに認定

歌舞伎町活性化プロジェクト歌舞伎町音楽祭レギュラーメンバー
ストレートな歌詞と、癒し系ボイスを武器に
現在、関東中心に活動中

http://ameblo.jp/shizu-blog1025/

<< 前へ    1 | 2 | 3 | 4 | 5    次へ >>