Check
Hot Artists

SHOCK-ONに出演している注目のアーティストをご紹介!

<< 前へ    1 | 2 | 3 | 4 | 5    次へ >>
西脇 辰弥

西脇 辰弥

詳細

 1964年7月28日生 愛知県刈谷市出身

6歳からピアノを始め、7 歳にして初ステージを踏み、10歳から作曲を始める。
名古屋大学工学部在学中よりプロ活動開始、87年“Pazz”のメンバーとしてCBSソニーよりデビュー。
 88年より、作/編曲家、サウンド・プロデューサーとして、谷村有美、爆風スランプ、
プラスティック・ツリー、ピエロ、高橋克典、区麗情等、数多くのアーティストのヒット作品を手掛け、
その天才的なサウンド・メイキングと独自のテクニカルなキーボードのスタイルは常に高い評価を得続けている。
 
また、ジャズ・ハーモニカの巨匠トゥーツ・シールマンスに
「彼は真に独自のトーンを持っている」と絶賛されたクロマティック・ハーモニカ奏者としては、
そのパワフルかつ繊細な明るいトーンと、変幻自在なフレージング、
そして何よりも彼自身のハート・ウォームな歌心溢れる演奏に、現在多大なる注目が集まっており、
2000年、この楽器をメインに据えた初ソロ作品、“Atmosphere”をビクター・アオシスレコーズよりリリース。
これに伴い、松原秀樹、村石雅行、矢堀孝一、小野塚晃とともに“西脇辰弥The Atmosphere”を結成。
ライヴ活動も積極的に行っている。同年グルーヴ・ダイナスティー2000にフィーチャリング・アーティストとして出演。
そして、2001年7月、ニューヨーク録音を含むソロ第2作目“Sound Of Gravity”を発表と、ソロ・アーティストとしても着実なキャリアを築いている。
根岸孝旨

根岸孝旨

詳細

 「POW!」「SENSE OF WONDER」等のバンド活動を経て、

1989年にDr.StrangeLoveを結成、メジャーデビュー。
精力的にライブ活動や、数多くのアーティストのサポートをこなす。
奥田民夫のバックバンドとしても知られる。
1997年にマキシシングル『手のひらの中のFreedom』でメジャーデビュー。
現在までにアルバム3枚、映画サントラ盤1枚、マキシシングル2枚をリリース。
比類無きベース・プレイはもとより、絶妙なプロデュース・ワークは
日本の音楽シーンに多大な影響を与え続けている。
 
Cocco、サザンオールスターズ、GRAPEVINE、つじあやの、
Puffy、Jackson vibe、ランクヘッド、スネオヘアー、
aiko、中島美嘉、奥田民生、藤井フミヤ、吉井和哉、LOVE
PSYCHEDELICO、hitomi、榎本くるみ、KAO etc...
日野"JINO"賢二

日野"JINO"賢二

詳細

8月17日生まれ。 [[ニューヨーク=>日本]]のベーシスト、ソングライター、アレンジャー、音楽プロデューサー。

1975年にニューヨークに移住。東京都生まれ。マネジメント業務は「JINOJAM」が行う。
2011年12月現在、「日野"JINO"賢二」の名称で日本を拠点に活動中のミュージシャン。ベーシストのみにとどまらずソングライター、アレンジャー、音楽プロデューサーとしても活躍しており、ミキサーとしての音作りの技術は同業者の間でも高い評価を得ている。
2009年に"Jeff Miyahara"と作・編曲した西野カナの楽曲『君に会いたくなるから』はアルバム『LOVE one.』からシングルカットされ、トータルで110万枚を越えるミリオンセラー
2014年5月21日に3枚目のリーダーCD「Jino Jam」キングレコードからリリースなった。
曾我 泰久

曾我 泰久

詳細

1974年 11歳でジャニーズ事務所所属
1983年 『THE GOOD-BYE』結成 ビクターよりデビュー
日本レコード大賞最優秀新人賞受賞
1990年 ジャニーズ事務所より独立

その後、ソロ活動を中心に多くのミュージカル・演劇などに出演し、いまも活動の幅を広げている。

http://soga21.com/index.html

シイタケ(椎名純平&竹内朋康)

シイタケ(椎名純平&竹内朋康)

詳細

2011年3月SHOCK-ONに二人で初出演以来、
新たなユニットが誕生し、
その名は、椎(名)+竹(内)で"シイタケ"となった。
2000年のデビュー以来、ソウル・マナーに精通した得難いボーカリストとして、
多くのアーティストのリスペクトを受ける椎名純平。
一方、SUPER BUTTER DOG、マボロシ、Fiasco 3などの活動でもお馴染みのギタリスト竹内朋康。
二人はともに、新バンド・Dezille Brothers(デジルブラザーズ)の一員でもある。
今回も、Dezille Brothersのナンバーはもとより、彼らのソロチューンも楽しめることだろう。
乞うご期待。

Member
椎名純平(Vo.Key)竹内朋康 from「Dezille Brothers」(Guitar)

Dezille Brothers オフィシャルHP
http://www.dezillebrothers.com/

竹内朋康オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/tomoyastone/

SR猫柳本線
http://www.kronekodow.com/

坂東 慧 (from T-SQUARE)

坂東 慧 (from T-SQUARE)

詳細

 1983年8月19日生まれ。大阪府出身。

幼い頃からエレクトーンを習い、8歳でドラムを始める。
河瀬勝彦氏、菅沼孝三氏、ニール・ソーセン氏に師事。
2004年、六本木ピットインでのセッションで河野啓三と共演。これが契機となり、T-SQUAREの"Groove Globe"Tourにゲスト・ドラマーとして参加。
以後、サポート・メンバーを経て、2004年末に正式加入。
作・編曲面においても類稀なる才能を有する、新世代ミュージシャン若手最注目株の一人。
2005年11月に開催された"Zildjian Day 2005 at 楽器フェア"ではサイモン・フィリップス氏、菅沼孝三氏と競演。サイモン・フィリップス氏からも絶賛される。
T-SQUAREとしての活動以外にも、吉川晃司のツアー・サポート、レコーディングや、上原ひろみのレコーディング&セッションLIVEにも参加。大江千里や、ゴスペラーズの村上てつやと、Skoop On SomebodyのTAKEのユニット「武田と哲也」のツアーサポートも務めるなど、多数のアーティスト及び、ミュージシャンと共演している。
ファイヤーホーンズ

ファイヤーホーンズ

詳細

2010 年、スガシカオのライブサポートを
きっかけにtp 湯本淳希(tp)近藤淳也(sax)川島稔弘(tb)の三人を中心に結成されたホーンセクション。
JB's から Tower of Power まで、あくまでも王道を貫く
キレのある演奏と、躍動感あふれるステージ上でのパフォーマンスを
武器に、ライブ・ツアーサポート・レコーディングなど
多方面で活躍する熱い男たち!

これまでの主な共演者
スガシカオ、つのだ☆ひろ、bird、
ジャンクフジヤマ、雪乃、ペンシルバンチ、など

リットーミュージック『サックス&ブラスマガジン』にて
"Jazz Funk Session Standard"を連載中。
2012年にリットーミュージックより
"Jazz Funk Session Standard vol.1"発売中。

宮崎 隆睦

宮崎 隆睦

詳細

宮崎 隆睦 

(みやざき たかひろ)
 
8歳からピアノ、13歳からSAXを始め、16歳には地元のジャズクラブ等で活動を開始。
大学卒業後に渡米、ボストンのバークリー音楽院で3年間の在学中にナタリー・コール、
ナット・アダレイと共演。
ニューヨークでT-SQUAREに出会い、その後も親交を深め帰国後1998年にT-SQUAREに加入する。
それまでの間にもボズ・スキャッグスのジャパンツアーや国内アーティストのツアーに参加。
2000年にT-SQUARE脱退、ソロとなる。
様々なセッションワークやレコーディングに加え、都内や名古屋、大阪、高知にて定期レッスン、
そしてクリニックを行っている。
 
2004年高橋亜土とのユニット"A.O.I."でCD"Mouth to hands", 2006年ポニーキャニオンより
初のソロアルバム"Nostalgia"をリリース。
 
パワフルかつ歌うように伸びやかな音色は多くのサックスファンを魅了し続けている。
平井武士

平井武士

詳細

1977年生まれ。ギタリスト。ロック、ジャズ、ブルースなど様々な
ギタースタイルを学び、1999年2月「三好鉄生」のステージサポート
をきっかけにプロギタリストとしての本格的な活動を開始する。
1999年7月「TAKUI」のツアーサポートを務める中、同年8月より
「浅倉大介」プロデュースの「コタニキンヤ」のツアーサポートにも
参加、2000年からは「浅倉大介」本人や数々の
ステージサポート&レコーディングに参加。
2004年、熊谷徳明(Ds)須藤満(B)窪田宏(kb)らとフュージョンバンド
「TRIX」を結成し、同年4月キングレコードよりアルバム「INDEX」で
デビュー、2011年春まで7年間在籍。
2010年8月にはソロアルバム「jetism」を発表。
現在もソロアーティストとして、また多くの様々なアーティストの
サポートギタリストとして活躍中。

HUKUROH

HUKUROH

詳細

メンバーは、シグナルのギタリスト「住出勝則」
円熟のヴォーカリスト「滝ともはる」
アリスのドラマー愛称きんちゃんで親しまれている「矢沢透」。

「同じ時代を生きるすべての人に音楽の喜びを伝えたい!」
という熱い想いで結成されたユニット。

http://www.hukuroh.com/index.html

叶高

叶高

詳細

昭和52年日本大学芸術学部演劇学科を卒業。
演劇の道に進むか歌を取るか迷ったのち、
姉(正子)の誘いを受け
ヴォーカルグループ「サーカス」の一員となる。
 
1978年「Mr.サマータイム」でレコードデビュー以来
コンサート・ミュージカル・数多くのテレビ・ラジオにも出演、活躍中。
   

 

 Bread&Butter

Bread&Butter

詳細

 

69年デビューの岩沢幸矢、二弓の兄弟デュオ。
70年代J-POP/ROCK の黎明期に
「マリエ」「野生の馬」「PINK SHADOW」「地下鉄」等を発表、
数多くのミュージシャンに影響を与えてきた。
又「あの頃のまま」に代表されるユーミンからの楽曲提供や、
スティービーワンダーが彼らに書き下ろした
「特別な気持ちで」「REMEMBER MY LOVE」、
他にもかまやつひろしや加藤和彦など、
多くのビッグアーティストからの楽曲提供は、
2人の絶妙なハーモニーと音楽センス、
湘南で育まれた生活感の魅力によるもの。
それらは今でも多くの人に期待され続けています。

http://www.bread-n-butter.net/

SORGENTI

SORGENTI

詳細

山口県出身の兄弟ユニット。兄Mitsuhiroは作曲、弟Hiroshiは作詞を担当。

ソルジェンティとは、イタリア語で「湧き出る泉」という意味があり、「たくさんの
音楽を生み出し、一人一人の心に届けたい」という2人の想いが込められている。

兄弟でありながら個々でアーティスト活動をしていた彼らが、2003年に受けた
某オーディション審査員の一言をきっかけに2人で歌い、最優秀賞に輝く。
2007年から『ソルジェンティ』として本格的に活動を開始。地元で着実に
キャリアを積み重ねながらファンを増やしてゆく。

その後、東京お台場で行われた全国オーディションでの優勝を機に東京へ
活動拠点を移し、2011年1月にメジャーデビュー。地元でのデビューライヴを
渡辺翁記念会館にて行い、異例の1200人以上を動員。

山口県で絶大な人気を誇りつつ、関東~関西など活動エリアを広げながら、
インストアライヴやライヴイベントなどを行っている。

 

村上"PONTA"秀一

村上"PONTA"秀一

詳細

 1951年1月1日 兵庫県西宮市生まれ/山羊座/O型。

 
1972年、フォーク・グループ“赤い鳥”に参加。
以降、渡辺貞夫、山下洋輔、坂本龍一、後藤次利ら、超一流ミュージシャンとセッション、さらに井上陽水、吉田拓郎、山下達郎、松任谷由実、吉田美奈子、矢沢永吉、沢田研二、さだまさし、泉谷しげる、桑田佳祐、長渕剛、EPO、角松敏生、尾崎豊、など、膨大な数のミュージシャンのスタジオ・レコーディング、ライヴに参加。
レコーディングはゆうに14,000曲を越える。
93年、自身初のリーダー・バンド“PONTA BOX”を結成、99年にはフジテレビ系「ニュースJAPAN JAZZ GIANTS」出演。
また、同局『スーパーニュース』の音楽をPONTA BOXが担当し、03年4月よりフジテレビ系「堂本兄弟」第2期DOMOTO BROS.BANDとしてレギュラー出演。
近年のリーダー・アルバムとしては、98年に音楽生活25周年を記念した『Welcome To My Life』、04年には30周年アルバム『MY PLEASURE』を発表。
06年には、プログラミング音源に対してドラムでインター・プレイを試みた問題作『Rhythm Designer』が話題に。
昨年にはそのライヴ映像作品『Live! Rhythm Designer~Shuichi“PONTA”Murakami Solo Performance 2006@青山円形劇場』も発表している。
現在も、サウンド・プロデューサーとしてさまざまなアーティストと新たな音作りを続ける一方、ドラム・クリニックをはじめ、後進の育成、指導にも積極的に力を注ぐ。
いちドラマーとしてだけでは捉えきれない高い音楽性と幅広い活動を繰り広げる、日本を代表するトップ・アーティストである。
 
諸岡ケンジ

諸岡ケンジ

詳細

1986年6月『 マリアンヌ』でデビュー。

1987年大阪サンケイホールを皮切りに 全国20カ所でコンサートツアー実施。
その後、ライブ活動を中心に、『シーブリーズ』『キリンビール』『黄桜山廃』など数多くのCMへ楽曲を提供。
さらにはアニメ『機甲警察メタルジャック』、
『機動戦士Vガンダム』などの主題歌も手がけた。
BIGNOUN (ビッグナウン)

BIGNOUN (ビッグナウン)

詳細

Vo.Gt キムウリョン(ex.cutman-booche)
Gt.Vo 中嶋康孝(スピカ)
Ba 河原真(ROCK'A'TRENCH)
Dr 脇山広介(tobaccojuice)

2012年3月、東京にて結成。同年6月15日に下北沢CLUB251にて初ライヴ。本格的に活動を開始。
メンバー各自が多方面で活動しながら、新たな表現の場を模索するべく結集。
バンド名のBIGNOUN(ビッグナウン)は、"大きな名詞"という意味で、このプロジェクトがメンバー個々の代名詞になるようにとの願いが込められている。
タイプの異なる個性的な二人のフロントマンを強固なリズムセクションで支える。4人それぞれの豊富な経験に裏付けされる期待の実力派バンド。

http://bignoun.com/

中嶋 康孝

中嶋 康孝

詳細

中学2年の時、父親の影響でギターを始め、音楽に目覚める。 

高校卒業後単身渡米。ロサンゼルスを中心にライブ活動を行う。 

帰国後、「スピカ」のベースボーカルとして計5枚のアルバムを全国リリース。

 TVドラマ、映画サウンドトラック、楽曲提供、アレンジ、などの制作活動にも幅広く参加。

現在はソロアーティスト「中嶋康孝」として東京都内、

埼玉川口市を中心に全国各地でのライブ活動を展開。

ライブサポートなども勢力的に行う傍ら、2012年BIGNOUNのGt&Voとしての

活動もスタートさせる。

http://yasutakanakajima.com/

 

米川 英之

米川 英之

詳細

1984年から1989年「C-C-B」のギタリストとして活躍。
1990年、ソロ活動を開始。
シングル(日テレ系「同窓会」挿入歌)他、アルバム(3枚)をリリースし全国ツアーを行う。
1997年頃からアーティストへの楽曲提供や編曲、スタジオ、CM音楽制作を行う。
2000年に4枚目のアルバム
「INTO THE LIGHT」(AS-1001)をリリース。
翌年にラフォーレミュージアム原宿にてソロライブを行う。
六本木PIT INN年末、年始恒例ライブに参加するなど
ソロの活動と平行して様々なセッションに参加、意欲的に活動中。
2004年3/3赤坂・草月ホールにて
音楽活動20周年の記念ソロライブを行う。
7/6.8青山円形劇場にてヨネタワタル2DAYS、
12/22 渡辺英樹(exC-C-B)とのユニット"YONE TO WATARU"のちに"WY”
文京シビックホールにてX’mas Liveを行う。
http://hwm7.gyao.ne.jp/h-yonekawa/

山本恭司 with GOLDENBOYS

山本恭司 with GOLDENBOYS

詳細

 2017年02月25日

OP18:00~ Start19:00
Charge¥5,000
予約¥4500(+飲食オーダー) 
 
Member
山本恭司
(g,vo/BOWWOW,VOW WOW,WILDFLAG etc)
http://www.kyoji-yamamoto.com/
河野啓三
(kb/T-SQUARE)
http://www.tsquare.jp/biography#prof_kawano
TAK斉藤(b)
http://www.taksaito.com/
岡本郭男
(drs/ex SPECTRUM)
キクチ タケシ

キクチ タケシ

詳細

横浜の音楽シーンの中心的人物。
ピアノを弾き語るスタイルで横浜、都内の音楽シーンで活躍中のシンガーソングライター。
2006年にはデビュー・マキシシングル『街』をリリース。
メロディアスなサウンドとやわらかな質感の歌声、また歌詞を大事にしたメッセージ性
の強い楽曲で各方面から高い評価を得ている。

<< 前へ    1 | 2 | 3 | 4 | 5    次へ >>