Check
Hot Artists
ジョニー大倉

ジョニー大倉

ロックンロールバンド「キャロル」としてデビュー。
独特のサウンドとファッションで世間に強烈な存在感を示した グループの中で、ヴォーカル&ギター、そしておもに作詞を担当。

1952年9月3日 神奈川県生まれ。
1972年 ロックンロールバンド「キャロル」としてデビュー。
独特のサウンドとファッションで世間に強烈な存在感を示した グループの中で、ヴォーカル&ギター、そしておもに作詞を担当。
独自に編み出した作詞法による、日本語を英語のごとく発音する 「巻き舌歌法」は、キャロルサウンドの特徴の大きなひとつになった。
1975年 キャロル解散。 解散後は、ソロミュージシャン活動と並行して、俳優活動開始。
映画「異邦人の河」で初出演の後、映画「遠雷」(日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞)、映画「戦場のメリークリスマス」やテレビドラマなど、精力的に取り組む。
2003年 キャロルデビューから約30年を経て、当時のエビソードや結成時から解散までの伝説的な神話、メンバーの思い出を語った「キャロル夜明け前」を出版する。
キャロルベストアルバムが50万枚をセールス。
2006年 アーティスト ジョニー大倉 再始動。セルフカバー・アルバム「HEY MAMA ROCK&ROLL」リリース。
2007年 全国横断ライブ。ニューアルバム「JOHNNY IN BLUE」、シングル「悲しみのキャンドル」リリース。
2008年 スウィートベイジル・ワンマンライブ開催、本格的に音楽活動を展開。
2009年 悪性リンパ腫を乗り越え、都内ライブハウスなどで精力的にライブ活動を行なう。
2010年 9月15日、これまでの音楽性の頂点のひとつとなるニューアルバム「抱いて!抱いて!抱いて!」をリリース。
58歳を迎える現在、その情熱的なパッション・ナイーブな感性は、ますます加速!ハイトーンヴォイスももちろん健在!
ジョニー大倉の存在とその作品は、同世代へのエール、 若い世代へは新鮮な風となることでしょう。 どうぞご注目ください。