Check
Hot Artists
西脇 辰弥

西脇 辰弥

 1964年7月28日生 愛知県刈谷市出身

6歳からピアノを始め、7 歳にして初ステージを踏み、10歳から作曲を始める。
名古屋大学工学部在学中よりプロ活動開始、87年“Pazz”のメンバーとしてCBSソニーよりデビュー。
 88年より、作/編曲家、サウンド・プロデューサーとして、谷村有美、爆風スランプ、
プラスティック・ツリー、ピエロ、高橋克典、区麗情等、数多くのアーティストのヒット作品を手掛け、
その天才的なサウンド・メイキングと独自のテクニカルなキーボードのスタイルは常に高い評価を得続けている。
 
また、ジャズ・ハーモニカの巨匠トゥーツ・シールマンスに
「彼は真に独自のトーンを持っている」と絶賛されたクロマティック・ハーモニカ奏者としては、
そのパワフルかつ繊細な明るいトーンと、変幻自在なフレージング、
そして何よりも彼自身のハート・ウォームな歌心溢れる演奏に、現在多大なる注目が集まっており、
2000年、この楽器をメインに据えた初ソロ作品、“Atmosphere”をビクター・アオシスレコーズよりリリース。
これに伴い、松原秀樹、村石雅行、矢堀孝一、小野塚晃とともに“西脇辰弥The Atmosphere”を結成。
ライヴ活動も積極的に行っている。同年グルーヴ・ダイナスティー2000にフィーチャリング・アーティストとして出演。
そして、2001年7月、ニューヨーク録音を含むソロ第2作目“Sound Of Gravity”を発表と、ソロ・アーティストとしても着実なキャリアを築いている。